ご予約・お問い合わせ

043-305-5311

ブログBlog

妊娠中の歯科治療について。

女性は妊娠すると虫歯が増えたり、歯茎から血が出たりするといわれています。

原因としては、間食する機会が増えたりつわりで歯磨きがキチンと行えない、またホルモンバランスが変わることで唾液性状の変化などが挙げられます。

つわりで辛い時は無理せず、歯磨き粉の匂いで気分が悪くなる時は使用せず、また大きめの歯ブラシは喉を刺激して吐き気を感じることがあるのでヘッドの小さなブラシがオススメです。

歯科治療をうける場合は、安定期にあたる5ヶ月から7ヶ月頃を選びましょう。
治療の際に局所麻酔を使う場合もありますが、母体には悪影響ないので出産前になるべく検診を受けて虫歯があれば治しましょう。