インプラント 治療院の選び方

ご予約・お問い合わせ

043-305-5311

ブログBlog

インプラント 治療院の選び方


インプラントは“第2の永久歯”と呼ばれるほど、メリットが多い治療です。メリットがある一方、インプラントは外科的な処置を必要とする治療でもあります。歯科医院選びは事前にしっかり行わなければいけません。

今回は「インプラント 治療院の選び方」についてお話をさせていただきます。

■インプラント治療を行う歯科医院に求められること


歯ぐきの切開など、インプラントは特殊な外科処置を必要とする治療です。安全に治療を行うには、歯科医師や歯科医院にさまざまな要素が求められます。インプラント治療で重要とされる要素は以下の6つがあります。

①歯科医師の経験の豊富さ


インプラント治療の成否には、歯科医師の経験が大きく影響します。

インプラントは特殊な技術と一定の知識が求められる治療です。これら技術と知識は日々、実際に治療を行うことで磨かれていきます。経験が少ない歯科医師が多い歯科医師より劣っている、ということはありません。しかし、経験が豊富な歯科医師であればレントゲンやCTの結果を見て、どのような治療が患者様にもっとも適しているか、危険性はあるかなど、より正確な診断を行うことも可能です。

②「骨造成」に対応しているか


骨造成(こつぞうせい)とは、顎の骨の厚みや高さが不足している場合に骨の量を増やす補助手術です。骨造成では自家骨(患者様ご自身の骨)や人工骨を顎の中に埋め入れ、骨を再生させて顎の骨量を増やします。

骨造成ができない歯科医院の場合、骨が薄い、少ない、足りないなどの理由でインプラント治療を断られてしまうことがあります。それに対し、骨造成を行っている歯科医院であればGBR、ソケットリフトなどの骨造成手術を行うことで治療が可能となるケースもあります。

③CTを完備しているか


精密な検査や正確な診断を行うためには、CTは不可欠です。歯科用CTは患者様の顎の骨の厚みや、神経や血管の位置を立体的(3D)に撮影できます。従来のレントゲンは平面的(2D)にしか撮影できません。立体的な画像を撮影できるCTであれば、治療前により正確なシミュレーションが可能となります。

④信頼性の高いインプラントパーツを使用しているか


インプラントで使用するパーツはインプラント本体(フィクスチャー(人工歯根)、アバットメント(連結部品))とかぶせ物(人工歯)の2つに分けられます。このうち、インプラント本体を作製・販売する会社をインプラントメーカーと呼びます。

世界には数多くのインプラントメーカーがあります。トップクラスのメーカーは臨床実績が多く、長期にわたる安定性や耐久性にも優れており、信頼度が高いです。一方で、無許可のコピー品や粗悪なパーツを販売するインプラントメーカーも存在します(粗悪なパーツを使ったインプラント治療では手術の失敗や医療事故が多数報告されています)。

インプラントの治療院選びでは、その歯科医院が信頼性の高いメーカーのインプラントパーツを使用しているかどうかも重要なポイントです。

⑤安全な体制を整えているか


インプラントは歯ぐきの切開など、外科処置を行う治療です。感染症対策は万全に行う必要があります。加えて、万が一のトラブルや緊急時にも対応できる医療体制を整えていることも重要です。

感染症対策には以下の器具や機器が必要となります。

・ディスポーザブル器具(使い捨て可能な器具:患者様ごとに器具を交換(※))
・器具を洗浄する洗浄器(高性能洗浄器など)
・器具を滅菌する滅菌器(オートクレーブなど) など


(※)使い捨て可能な物に限ります。



万が一のトラブルや緊急時に対応する機器には以下があります。

・生体情報モニター
・AED(自動体外式除細動器) など


⑥静脈内鎮静法に対応しているか(麻酔医との連携が取れているか)


患者様に安心してインプラント手術を受けていただくためには、静脈内鎮静法などの麻酔オプションに対応しているかどうかも重要なポイントになります。

静脈内鎮静法とは、鎮静効果のあるお薬を患者様の静脈内に点滴で注入する麻酔法です。全身麻酔と異なり完全に意識を失うことはありません。別途費用はかかりますが、静脈内鎮静法を行うことで患者様のストレスや不安を取り除き、リラックスして手術に臨める効果を期待できます。

【歯のお悩みは当院までお気軽にご相談ください】


インプラントは安定性が高く、残っている歯にも影響を与えにくいなど、たくさんのメリットがあります。しかし、インプラントは万能な治療ではありません。患者様の健康上の問題や治療費など、インプラント治療を行えない場合(選択できない場合)もあります。

大切なのは、「それぞれの患者様にもっとも適した治療をご提案すること」。当院ではこのように考えます。外科処置がどうしても不安な方やご予算によっては、入れ歯・ブリッジにするのもひとつの選択肢です。

入れ歯やブリッジ、歯のことでお悩みの方は、当院までお気軽にご相談ください。


美浜デンタルクリニック
院長
吉田 杏吏


⇒院長の経歴はこちら